使い方

エクセルの絶対参照とは?時短作業に役立つおすすめスキル

エクセルの絶対参照の使い方

エクセルの絶対参照について『ジャガイモ地域別仕入表』で解説します。

C列で金額が計算される計算式の表示仕入金額の計算

↑セルA2の単価200円とB列の個数により、C列で仕入金額が計算されます。

数式の表示数式の表示

↑数式で見てみましょう。この場合のセルC6の計算式は「=A2(単価)*B6(個数)」になりますね。1度きりの計算であればこれでいいのかもしれませんが、この計算式が100行ある場合や、さらに1000行の追加入力を依頼されてしまった場合はどうしますか?

そこで活躍するのが絶対参照です。しかも『$』を追加するだけです!!

セルA2をに絶対参照にするセルA2をに絶対参照にする

今回は、セルC6の単価セルA2を絶対参照にします。この場合セルA2の『A』と『2』の前に『$』付けます。

セルC6に数式『=A2*個数』とする場合、『A』と『2』の前に『$』を追加して、『=$A$2*B6(個数)』とします。

実際の入力方法は、セルC6に『=』を入力してセルA2を選択し『F4』キーを押すと、『A2』が『$A$2』となりますので、その後に『*個数』とします。

絶対参照は『行と列』を同時に固定絶対参照は『行と列』を同時に固定

↑セルA2を絶対参照($A$2)にする=『行と列』を同時に固定、つまり『2行目A列』のセルを固定して参照するという意味になります。もっと簡単に言うと、『絶対参照を使った数式「=$A$2(単価)*個数」の単価の部分は必ずセルA2を参照してね。必ずセルA2だよ!!』という意味になります。

エクセル初心者
エクセル初心者
んー、まだちょっとわからないかも。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
では、もう少し考えてみましょう!



セルC12の数式『=A2*個数』をセルC21までコピー数式をコピーする

↑絶対参照を使う前の計算式、セルC12の数式『=A2*個数』をセルC21までコピーすると、エラーが出てしまいます。

コピーされた数式の確認コピーされた数式の確認

↑単価の参照先がA2からA3,A4・・・A11と動いてしまい、計算式も結果も成立しないものになってしまいますね。

絶対参照を使ったセルC6の数式『=$A$2*個数』をセルC21までコピー絶対参照を使ったセルのコピー

↑絶対参照を使ったセルC6の数式『=$A$2*個数』をセルC21までコピーすると正しく計算されます。

絶対参照を使った数式の確認絶対参照を使った数式の確認

↑そこで、単価の参照先を絶対参照にしていれば、下方向にコピーをしても参照先が下に移動することなくコピーでき、単価の変更があった場合でも単価の参照先のみ変更すれば、計算式の全てに即座に反映されます。

最初は、絶対参照を使った計算式と使っていない計算式を横に並べ、下方向へのコピー結果を比べて、セルの動きを確認してみると分かりやすいです。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『絶対参照』は参照先の『行と列』を同時に固定するということだよ!

次の項目では、絶対参照のショートカットを紹介しています。

とても役立つのでぜひ活用してください。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。